賃貸は、土地や建物を持つ大家との賃貸借契約を結んで決められた期間土地や建物を借りることです。月々の家賃を払うことで、その土地や建物を使えます。大家との直接契約は現在ではあまりありませんが、その代わりに仲介を行っている不動産会社が間を取り持つのが主流です。建物にはアパートやマンションや一戸建てがありますが、その部屋や家を借りる際には毎月の家賃と敷金と礼金と管理費などが必要になります。

不動産会社が仲介した場合には、不動産会社に仲介手数料を支払うことになりますが不動産会社は多くの情報を蓄積していますので、大家1人1人に聞いて回って情報を聞き出すよりも効率的に情報を集められます。また、中には引っ越し祝い金が貰えたり仲介手数料無料など各種特典などがある不動産会社もありますので、不動産会社を最初に訪ねるのが賢明です。基本的に部屋や家を探す人が最初に向かうのが、情報を大量に持っている不動産会社です。賃貸のメリットは持ち家と違って、まとまった大金が不要なことです。

そのため、家を持つよりも素早く引越しなどができます。賃貸物件を出て行く時に明け渡す場合には、借りた時の状態に復帰する義務があります。そのため、汚したり壊したりすると後で大金を請求されたりしますので、住んでいる間は丁寧に扱った方が賢明でしょう。賃貸の際のトラブルでは、不動産会社が仲介してくれた物件の場合は基本的にしっかりと対応する傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です